登校拒否発言の後にとった行動

時折り吹く風が心地よく秋の訪れを感じちゃう。過去投稿をHP開設とともにお引越ししました。

〇〇の秋

梅田は、フルーツの秋&読書の秋です。

果物狩り行きたいなあ。

みなさんの〇〇の秋はなんでしょう?

岡山自宅サロン

エステティックサロンプリティーフェアリー

梅田夕賀【ウメダユカ】です。

昨日の投稿の続きです。

タイトル 登校拒否したいと言ってきたら

ご覧いただけましたか?

まだ見てないよーという方は、そちらも合わせてご覧下さいね。

では、本日の投稿スタート!

登校拒否したい発言をした瞬間。

怒ることも無理矢理ひきずりだすこともせず

そっかあ。行きたくないんだねー。

とりあえずここ暑いから

靴を脱いでお部屋に入ろう!

、、、と伝えました。

子供が行きたくない!と

勇気を振り絞って発言している背景には

いろんな気持ちや考えが

交錯しているんだと思う。

まずは、その気持ちを認めてあげる事が必要なんじゃないのかな?と感じました。

子供だけではなく、人間誰しも承認欲求して欲しい生き物。ましてや子供はたくさん認められて自信をつけて前に向かって歩んでいけるんじゃないのかな?なんて思う時があります。

夏休み明けは疲れがでやすい

運動会の練習も始まるし

登下校の歩きも疲れちゃう

いいじゃん!

言いたいこと発言させてあげよう!

そしたらね、それだけで気持ちがほんの少しでも解放されるかもしれない。

大切なのは、認めてあげること。

どうして行かないの?なんてワードは、ナンセンス。

頭では分かっているけれど、、、

やっぱり登校拒否したい!なんて言われたら

ママの本心気が気じゃないよね。

だからこそ梅田が大切にしていること。

どんな時でも子供を信じてあげること

どんな時でもママは、1番の味方だと伝える事

特別扱いしない事

ライフスタイルを乱さないこと

食生活をチェックすること

親子マッサージを継続すること

↑これらを継続していけば早い段階で登校拒否を終わらせる事ができるか、未然に防ぐ事が出来ます。

なんでこんな風に思えるようになったのか?

実はね、過去にも登校拒否した経験があるから。

明日は、過去の登校拒否についてお伝えします。

登校拒否を未然に防ぎ

虐待のない家庭を増やしていきたい!

わたしが親子マッサージを始めた時からのモットーです。

1人でも多くのママさんに届きますように。

梅田と話してみたい!親子マッサージが気になる!そんな方は受け取りにいらしてね。

親子マッサージ体験  ¥3300

090-6402-8449 ウメダ

関連記事

子供が勉強したくなる方法


そんな方法があれば是非とも知りたい!
で、す、よ、ね❤️
その前にお母さんにお願いです。
子供が勉強を好きになるかどうかは、お母さんにかかっています!といえばちょっと言い過ぎですが、
子供の集中力ってね、大人が思う以上に短い!
なんですとー!と思われた方。
どれくらい短いかというと
幼児期は、年齢➕1分程度😅
小学生は、15分程度です!
集中力の基礎は、乳幼児から7歳までが大切!
お子様の集中する時間もしくは、行動を計ってみるといいかも^_^
まさに梅田家の娘達3歳と6歳!
母ちゃん基礎作りに燃えてます!
最近姉妹で争っているものがあります!
なんだと思います?
それはね、はなまる💮
このはなまる💮がとんでもない効果を引き起こすんです!
お子様が小さければ小さいほど◎㊗️
視覚効果が強い低年齢のこには、このはなまるがかなりやる気スイッチを引き出し集中力を高めてくれます。
ここで1つ忘れないでね!
ただの丸ではなくはなまる💮ですよ!
はなまる💮➕気絶しそうなくらいのぶっちぎり褒め言葉をたくさん浴びせてくださいね。
あと補足です。
間違えているところは、ピンしないでね!
やる気を削ぎ落とすから!
どうせするなら星マーク⭐️にしといてくださいね。
声かけにも注意!
ここでもお母さん女優になって欲しい。
あーーー!おっしいなあーここ!
もう少しだったねー。くらいにおさえといてくださいね。
間違えても
あんたー!なんでこんなところまちがえるよのー!
ばかじゃないの!
そんなことじゃあ小学生になれないよー!
友達できないよー!
なあんていわないように。
母ちゃんお願いしますよー。
親子でハッピーになれるマッサージは、脳内ホルモンから幸せホルモンや愛情ホルモンを放出させ思わず子供を抱きしめたくなる気持ちにさせるだけでなく、子供に集中力を身につけさせる方法や、子供にガミガミ怒らないようにするための方法、親子関係を良好にするための方法などを世界に1つだけの育児書にも載っていない独自のカウンセリングから原因を探り改善のためのアドバイスをお伝えしています。

PAGE TOP